同人徒然

同人でのモヤモヤが募った時に「王様の耳はロバの耳」的な徒然を吐き出しています


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


サイトを閉鎖したくなる時
使い古された言葉だが、春は別れの季節でもある。
私がブクマしているサイトのうち、いくつかがこの春閉鎖した。

実際にリアルでの新生活が始まり、同人どころではなくなった人。
前々から閉鎖を考えており、ちょうどキリがよいので閉鎖した人。
かつて新年度にサーバの契約をしたのか、4月になったら契約期限切れ(と思われる)でいつの間にかサイトが消えていた人。

……それぞれ動機や理由は様々だ。
つい先日も、某ジャンルのサイト管理人から閉鎖のお知らせメールが届いた。
私がジャンル替えをして以来、ほとんど交流らしいものもなかった相手だが、一時は相互リンクもしていたし、同じアンソロに執筆したこともあり、あちらが気を遣って連絡をくれたのだろう。閉鎖の理由はやはり、リアルでの多忙だった。
そうしてかなり久しぶりに、私は彼女のサイトへ行ってみたのである。

コミックも小説もこなしていたオン専の彼女は、交流があった時同様、コンスタントに新作を更新し続けていたようだ。
「閉鎖のお知らせ」をサイトで告示してからもなお、書きかけだったコミックを完結させるべく、ここ一週間で何度か続編をUPしてあった。ぶっちゃけ私の好きな作風ではないのだが(絵・文ともに)、自分で募ったはずのカウントリクすら放棄して閉鎖してゆくサイトが多い中、ハンパなままで閉鎖したくないという彼女の心意気には素直に頭が下がる。
そういう彼女だからこそだろう。閉鎖に対する訪問者の反応が、思いがけず大きかったらしい。
「閉鎖の告知後に初めてコメントをくれた人がたくさんいて嬉しかった」とブログには綴られていた。
私も一言残したので数日後レス専用ページを覗いてみると、なるほど確かにすげー数のレスが並んでいる。これまでどの程度のコメントをもらっていたのかは知らないが、彼女の日記によれば自社比最高数(笑)だったとか。
そこで私は思ってしまった。

そ、そんなにコメントもらえるんなら、うちも閉鎖してみよっかな……。

だって今のままだったら、訪問者がいるんだかいないんだか、まるでわからない。
新作をUPしても、読んでくれたんだか誰も見ちゃいないのか、まるでわからない。
だけど「閉鎖します」って告知したら、コメントがたくさんもらえるらしいじゃない。初めての人からもリアクションもらえるらしいじゃない……!

……わかっている。いくら人のサイトが閉鎖前に賑わったからと言って、自サイトもそうとは限らない。それどころか、「閉鎖します」つってんのにスルーされてしまうかもしれない。(そしてその可能性のほうがずっと高い)
だから「じゃあうちも」などと思うのは、浅はかであり軽率なのだ。ケイキョモウドウなのだ。なのだけれど。
いやもしかしたらさー。うちだってさすがに、閉鎖する時にはコメントが大挙するかもしんないじゃーん?(浅はかすぎる)



以下は拍手レスです。遅くなりまして申し訳ありません。
コメントなしのパチパチもありがとうございました!!  


・3/20 匿名様
「おもしろかった」とのコメント、嬉しかったです。自サイトでも誰か言ってくれないかな(痛)
過去ログにもお付き合いいただけたそうで、ありがとうございます。同人に限らず、人間関係にまつわるモヤモヤってのはどこでも似たようなもんだと思いますが、それをもっともらしくダラダラ綴っているのが当ブログです(笑)
「あるある」とか「そうなのかー」と思っていただけたらニヤリです(私が)

・4/14  mixiの匿名様
「赤裸々すぎる日常」に共感していただき、ありがとうございます。貴女もやはり赤裸々なお友達に疲れてらっしゃるのですね。
学校時代からのお付き合いともなれば、オタ関係よりさらに断ち切りがたいことでしょう。ご心労、お察しいたします。
私も、自分が薄情な人間のように思えてなりませんでした。でも違うんだ。他人の赤裸々な諸々に無関心なだけなんだ!
…それを世間では薄情と呼ぶのかどうかは知りませんが(笑)
私の方こそ、こうしてコメントをくださりありがとうございました!.

スポンサーサイト