同人徒然

同人でのモヤモヤが募った時に「王様の耳はロバの耳」的な徒然を吐き出しています


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


これが私のエコロジー
オン専である私にとって、創作物を発表する場と言えば自サイトだけだ。
萌えの赴くままに妄想を吐き出し、仕上がった作品は自分の都合に合わせてサイトに公開。自分なりの目標はあるものの、締め切りを気にすることも、泣く泣くページを削ることもない。書きたいシーンを書きたいだけ書けばいい。
サイトを立ち上げてから約5年、そんなことを繰り返してきた私だが、これまでにほんの数回、オフ活動に関わったことがある。その時からずっと感じていることを、今回は綴ってみようと思う。

例えば個人誌の発行部数を、分かりやすく100部とした場合。
即売会や通販で、100部をすべてさばききったとする。単純に考えて、その本の読者は100人ということになるだろう。
買い求めてくれたからには、一度は読んでもらえるはずだ。するとまたまた単純に考えて、その本を100回は読んでもらえることになる。
……が、100回でおしまいなのだ。
私なんぞの個人誌が、中古ショップで再び買い求めてもらえるとも思えない。それどころか、「可燃物」と書かれた袋に入れられるのがオチだ。だからこの本の読者は、100人以上にはなり得ない。

一方、その作品を(同人誌には収録せずに)自サイトで公開するとしたらどうだろうか。
自分がサイトから下ろさない限り、その作品はウェブ上に存在し続ける。
毎日一人ずつでもいい、初めて私のサイトへ来てくれた人がそれを読んでいってくれるとしたら、その作品の読者は100日で100人。公開期間が長ければ長いほど――やがては1ヶ月で一人になってしまうのだとしても――それを読んでくれる人の数は増えていくことになる。
何かを創作して発表する以上、やはり一人でも多くの人にそれを見てもらいたい。読んでもらいたい。
サイトで公開し続けていれば(無料の手軽さもあり)、読んでもらえる機会が途絶えることはない。

だが発表の場が同人誌だと、最大読者数=発行部数であることが、私にはとても「もったいない」と思えたのだ。
そうしてある時、個人誌の脱稿直後、私は相方に言ってみた。

「せっかく書いたのに、サイトでは公開できないからもったいないね」

一人でも多くの人に読んでもらえる機会が増えていかないからもったいない。ただでさえ読んでもらえる機会が少ないのに。(僻地サイトだから)
そういう意味合いである。
すると相方は思いもよらない返事をよこしたのだ。

「せっかく書いたのに、本にしないほうがもったいないよ!」

……これは「無料で公開したらもったいない、本にすればお金取れるのに」という意味ではない。
イベントにサークル参加する場合、「即売会当日までに同人誌を1冊以上発行していること」等の条件があるのが常だが、サイトで公開せず本にすれば、まずはこの条件をクリアできる。
仮に既刊があって参加条件は満たしているとしても、イベントに合わせて新刊を発行できれば、自他ともにテンションはさらに上がるものだ。
どうせ睡眠時間も寿命も削ってホモを書くなら、イベント参加へのテンションが上がったほうがいいだろう、というのが相方の考えだった。
なるほど、言われてみれば確かにそうだ。だが私はオン専であるがゆえに、イベントへのテンションよりも、一人でも多くの人に読んでもらえる機会のほうをどうしても優先してしまいがちなのだ。そう気がついた。

「イベントへのテンション」と「より多くの機会」。
この二者を満たす策としては、無料配布しかないと思うのだが、どうだろうか。頒布物が無料配布だけではNGだろうか……。
即売会では冊子を無料配布。数日後にサイトでも公開。これならどちらの「もったいない」も解消されよう。
今や「MOTTAINAI」を世界共通の概念・言葉としてもてはやすご時世である。同人界でも「もったいない」事態はなるべく避けようではないか……!

まああのー、くどくどしく綴ってはみたが、つまりは「あの本の話をオン専の人にもサイトで読んでもらいたーい!」というワガママに端を発する今日の記事なのであった!


以下は拍手レスです。 コメントなしのパチパチもありがとうございました!!  


・5/14 夜沙様
私も枯れススキでした……やはり年のせいなのか
夜沙様の新記事も上がっていて嬉しかったです。そしてこっそり拍手済みだったりする(笑)
閉鎖間際のコメントラッシュ、一度は味わってみたいものです。その後すぐに復活したりすると興ざめなのでしょうが。
私も夜沙様のブログを楽しみにしています!

・6/28 匿名様
はじめまして。お気に入り登録ありがとうございます。
閉鎖アンケートの記事にも納得していただき嬉しいです。
サイト日記における私信での誘い受け……ありますねえ(笑)
日記での誘い受けについては、拙文の1/11付「誘い受け日記の効果」でも実体験を綴っております。考察なんて立派なものではなく、単なる愚痴です(笑)が、また機会があったら(=ネタを入手したら)記事にしたいと思います。

・7/2 byとくめい様
次の記事が楽しみだ、と仰っていただきありがとうございました。 頑張って新記事書いたよ!(笑)
お暇つぶしになれば嬉しいです。

・7/5 by匿名様
もしかして、↑と同じ方でしょうか。どちらにせよ、コメントをありがとうございます。
自分の書いたものに反応をいただけるのは、本当に嬉しいことです。
私のサイトにも興味を持っていただき、ありがたいやら恐縮するやら……!
字書きとしても嬉しいお言葉をいただいたこと、とても励みになります。が、ご覧のとおり身バレしては困るような記事ばかりを綴っておりますので、自サイトへは繋げておりません。仮にうちへお越しいただいても、貴女をガッカリさせるだけのような気がする……。
当ブログで「あるある」「あったあった」と思っていただけた記事があまりにも多かったら、もしかして貴女とは知り合いなのかもしれません(笑)

スポンサーサイト