同人徒然

同人でのモヤモヤが募った時に「王様の耳はロバの耳」的な徒然を吐き出しています


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


坊主憎けりゃキャラまで憎い
良識ある一社会人として、はばかりながら申し上げるが…… 私は、某サイトの管理人が大っ嫌いだ。(大声)
彼女を仮にAとしよう。 実はここで記事にしてきた中にも、Aがらみのネタがいくつかある。そしてこれからネタにしようと思っていることも、まだあったりする。
それほどまでにモヤモヤしている相手なのだが、断ち切りがたいしがらみにより、Aとはこの先も関わることになるだろう。なぜなら、Aは相方の旧友だから。
幼なじみが同人仲間となった関係は、たかが数年前に知り合ったばかりの私なんぞ太刀打ちできるはずもない。
色々なモヤモヤを経て、私がようやく相方にAへの不満をこぼせるようになった時、相方は朗らかに言ったものだ。
「ああ、Aは確かにそういうところがあるねえ」
子供の頃からそうだったよ、困ったもんだ。そう笑い話で済ませる相方に対し、私のモヤモヤはどうにも伝わらず、…………っていやいや、待て待て私。
今回書きたかったネタはAへのモヤモヤそのものではない。単なる前振りだったはずのAモヤ(略)が、書いているうちにヒートアップしてしまった……。
そうではなく、えーつまりは、とにかく大っ嫌いな人がいるよ、と。そういう前提で今日のエントリを進めたい。
ここまで長いな!

現在よろずサイトをやっている私は、複数のジャンル(=原作)に萌えている。そのうちの一つを、連載中の最新号で読んだ時のことだ。
とあるイケメンキャラが数号ぶりの登場で大活躍した。主人公のピンチを救うべく、颯爽と再登場。
私の萌えキャラではなかったが、そもそもイケメンなのだし、状況からしてカッコイイったらない。初めてその作品を読んだ人は、彼が主人公かと見まごうばかりだろう。もちろん、ストーリー展開としても申し分なしの盛り上がり。
……なのに私は、どうもテンションが上がらなかった。むしろサゲサゲな感じだ。オブラートに包んだ表現をするならば、「なんなのこいつ、いっつもオイシイとこばっか持ってってズルくね?」といったところか。(包んでない)

原作者にひいきされているとしか思えないキャラ、というのが作品の中には必ずいる。そのキャラが自分のイチオシでない場合、ひいきキャラの活躍ぶりには嫉妬まがいの感情を抱いてしまうのが常だと思う(笑)が、この時の私の心理はそれなのだと思った。
原作者へのインタビューや自身のコラムなどで目にしたことがある。実際、動かしやすかったり、思い入れの強いキャラというのは確かにあるようだ。

今回の再登場キャラもそういう立ち位置なのだろう。だからいい場面で颯爽と登場するし、しかもそれがストーリーの軸に関わってきたりもする。
ちくしょー、こいつばっか扱いいいな。
そんなふうにささやかに拗ねて終わるはずだった私は、しかしふと、あることに思い当たってしまった。
最新号で颯爽と再登場した某イケメンキャラ。彼は、冒頭で述べたAが誰よりも愛しているキャラだったのだ……!

……気づいてしまったら、その回への萌えがますます萎えてしまった。この日の日記でAがどれだけ浮かれるか、想像しただけでモヤモヤしてしまった。
再登場したひいきキャラ=A そんな等式が、いつの間にか私の中でできあがっていたのだ。
したがって、

ひいきキャラ=A
A=大っ嫌い
∴ひいきキャラ=大っ嫌い

こんな解答に至るまでは早かった……。
「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」とはよく言ったもの。さすがだ、昔の人。
とは言え、敬愛する作品の一キャラを大っ嫌いだなどと、あからさまに述べるのもどうかと思う。
それが、ストーリーや世界観に全く関わりのない理由であるならばなおさらだ。
だから私は良識ある一社会人として、はばかりながらこっそり申し上げるが……
私は、Aが好きなものをどうにも嫌いになっちゃうのだった!(大声)



以下は拍手レスです。毎度ながら遅くなって申し訳ありません。
コメントなしのパチパチもありがとうございました!


・8/15 なとび様
サイトを閉鎖したくなる気持ち、お分かりになりますか。コメントラッシュは魅力です(笑)
コミケで2年ぐらい……なのにお友達いないのは寂しくなりますね。
私の場合、初めてのジャンルでの人間関係がクドく当時は本当に嫌でしたが、今のジャンルは関係が希薄すぎて、一人上手のわびしさを日々噛みしめています……。

・8/26 み様
「エコロジー」の記事、同じように感じてくださって嬉しいです。
貴女もオン専でいらっしゃるのですね。こう思ってしまうのはオン専者だからなのでしょうか。
オンデマ30で、売れたのがその半分……それはもう本当にもったいないです。惜しいです。そのあたり、オフ専・オフ兼の作家さん達はどう感じてらっしゃるのか、気になるところです。

スポンサーサイト