同人徒然

同人でのモヤモヤが募った時に「王様の耳はロバの耳」的な徒然を吐き出しています


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


女体化に萌える腐女子
やおいサイトで時々見かける、女体モノ。
キャラによっては女体アンソロ同人誌まで出るぐらいだから、それなりの需要はあると思われる。
普段ヤローばっかり描いている絵師さん達は、たまに女の子キャラを描くと「やっぱりいいわ〜」と思うらしい。何がって…おっぱいか?(笑)
それが逆に「(普段描かないから)むずかしい」と言う管理人さんもいるが。(相方はそれだ)

私自身、女体モノはコミックでも小説でも読むのは平気だ。でも書けない。書きたいと思ったこともない。
そもそも、女体にハァハァするぐらいならホモなんて書かない(笑)
だけど女体化に萌える方々は、わざわざやおいサイトでヤローを女にする。

何らかのアクシデントで受けが女体になってしまった場合。
身体が男でも女でも関係ない、とそれまで言っていた攻めだが、女体化した受けを見てやっぱり欲情(笑)
これはたいがい、「目が覚めたら」とか「イった瞬間」とかに男に戻ったりする期間限定女体化だ。
受けの妊娠を覚悟してまで挿入した攻めだが、結局相手が男に戻ってしまったので心配ナッスィン。そしてやっぱり「おまえが男でも女でも関係ない」というオチになる。まあそれはそれで萌えるな(おい)

原作軸で、男のはずのその受けキャラが実は女だったことが判明する、という場合。
「どうりであいつが気になるわけだ」と、己の感情を(ホモだと思うゆえに)持て余していた攻めが納得したりする。
こうなると障害がないので、物語は楽に進む……のか?
実は女であることを必死に隠す受け。それがバレた時動転する彼(彼女だ)に対し、攻めは言うのだ。「知ってたよ。おまえが女だってこと」とか何とか。知っていながら今まで対等な仲間として接してくれていた攻めに、受けはよろめく。よろめかないと次に進まない。
こんな場合は、互いの気持ちが通じ合ってハッピーエンドエチーで終わるものが多い。

原作軸でもパラレルでも、そもそも受けがはじめっから女である、という場合。
はじめっから女なので、読む作品はやおいではなくレディコミ感覚になる(笑)
はじめっから女なので……設定はお初とか痴漢とかロマンスとか何でもアリだ。受けが女体である理由も原因もアクシデントも必要ない。

……と、私が知る女体化パターンを述べてみたが、どれを拝見&拝読しても思うのは「生々しいなー」という感想である。愛撫にしろ挿入にしろ、何せ自分と同じ器官なのだから容易に想像がついてしまう。ある意味、作中に自分を登場させる「夢ジャンル」なんじゃないかと思ったりもする。
「ちょ、そんだけの前戯で入れられたら痛くね?」とか「いやそこは膜なんてないから」とか(笑)知っている身体だけにツッコミを入れてしまって、いまいち没頭できないのだ、私の場合。
やおいだったら、それはない。だってアタシは男じゃないから、アレをソレされたらどんだけイイのか全然わからない。わからないから、腐女子ドリーミンな妄想づくめで物語は進むのである。実際、レディコミよりやおい本のほうがハァハァする私は変態だろうか(今さら)

萌えも千差万別だと思うし、別に女体化を否定するわけではない。だいたい女体化をサイトに上げているところでは「ここから先は女体部屋です」とか「※女体です」とかの注意書きがあるので、見たくなければ見なければいいだけの話だ。
どのジャンルでも「女体化」というのがあるので、腐女子は同性である女体にも萌える。 腐男子は女の子キャラの「男体化」に萌えることがあるんだろうか。(あんまり想像したくない)


※後日拍手コメにて教えていただきましたが、腐男子は女の子キャラの「ふたなり」に萌えるらしいです。ふたなりの意味がわからない方はググってみてください。
腐男子のふたなり萌え……こちらもやはり、自分と同性である器官をわざわざくっつける(笑)のが面白いですね。

スポンサーサイト